あなたが飲むコップ1杯の水が、
誰かの命を守るチカラになる。

世界では、いまだ10人にひとりが、安全な水を飲むことができない環境で暮らしています。

今日も世界のどこかで、汚れた水と衛生環境が原因となって、子どもの未来が奪われています。
下痢から脱水症状に陥り、年間30万人近くの5歳未満の子どもが命を落としている現実があるのです。
日本では蛇口をひねれば、当たり前のように出てくる清潔で安全な水、わたしたちが毎日飲んでいるコップ一杯の水で、
世界の子どもたちを一人でも多く守れたら。

TAP PROJECTは世界中の子どもたちが「清潔で安全な水」を使えるよう、ユニセフの活動を支援するプロジェクトです。
2007年にニューヨークで始まり、世界各地で展開しています。
※TAP PROJECTは水道水の利用推奨を呼びかける取り組みではありません。
※TAP PROJECT JAPANは、本プロジェクトの趣旨にご賛同いただいたパートナー企業各社のご協力によって運営されています。